×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『オーラスキン』【healthy-support】『オーラスキン』
9,800円

“サラサラ”の心地よさ!新感覚のスキンケアクリーム!
Ads by 電脳卸

メイクの仕方(スキンケア)

メイクの仕方は人によって個人差ってありますよね。 結構人のメイクの仕方って気になる人も多いのではないでしょうか? 特に芸能人のメイクの仕方は興味がありますね。 中島美嘉のとか倖田來未や沢尻エリカのメイクの仕方なんかも気になっちゃいますね。 でもやはり、最初はメイクの仕方の基本は抑えて置かなきゃいけないです。
メイクの仕方の順序は、若干人によって違うかもしれませんが、メイクの前にまずはスキンケアが大切になります。 スキンケアをする前に髪の毛をタオル等で巻いておき、化粧品が髪につかない様にしましょう。 眉を整える場合は、この時に眉毛に乳液を塗り整えます。 次に洗顔をして、化粧水を多めに付けます。 その後に、下地になるクリームを塗りますが、乾燥の酷い人は乾燥の酷い部分に乳液等をプラスしてつけます。 その他に必要であれば日中用の乳液や美容液、クリーム等を肌に合った物を選んで使って下さい。 メイクの仕方のベースになる部分ですので、しっかりとやっておきましょうね。

メイクの仕方(下地)

化粧の仕方はスキンケアが終わったらいよいよ化粧に入っていきますが、ここで下地のクリームの塗り方のポイントを紹介しておきます。 塗り方のポイントとしては、薄く均等に延ばす事が基本なのですが、両手の人差し指と中指それから薬指の指先につけて、やるとやりやすいでしょう。 それから、頬からひたい、眉の下、鼻、あごの順に均等になじませる様にしていきます。
つけ終わったら、手でなじんでいるか確認しましょう。 肌に吸い付く様な感触があればOKです。 つけすぎるとべたべたした感じがするはずですので、軽くティッシュ等で抑えると良いでしょう。 ここが化粧の仕方の重要なポイントになりますので、必ず確認してください。 ここで妥協すると、ファンデーションのムラの原因や化粧崩れの原因になるので注意しましょう。 化粧の仕方の良し悪しはここでほぼ決まると言っても良いので、自分の肌にきちんとなじむもの見つけて、化粧の仕方の基本をマスターしましょう。

メイクの仕方(順序)

メイクの仕方の続きで、下地のクリームを塗ったら今度はファンデーションを塗ります。 まずは頬からつけて行き、目の下辺りからこめかみにかけて塗って行きます。 次に鼻の横辺りから耳の上、小鼻から耳の真ん中辺りまで塗り、最後に数箇所に分けて口の横から耳の下辺りの部分を塗って行きます。 これを2,3回繰り返して行っていくとムラ無く塗ることが出来ると思います。 ここまで終わったら、ひたいと目の周り等の細かい部分を塗って行きます。 最後にムラが無いか確認しましょう。 ここまでしっかりと出来たら残りのメイクの仕方は慣れてくればうまくいくものばかりなので、しっかりと確認してください。 ファンデーションを塗り終わったら、パウダー等で抑えるようにしましょう。 ここからのメイクの仕方は色々あるでしょうが、私の場合を書いていきます。 まず、瞼と目の下にシャドーを入れて、次にチークを塗ります。 それから、アイシャドーとアイブロウをしてから眉マスカラを塗ります。 この後は、ビューラー、アイライナー、マスカラの順で付けて行きます。 あとは、薬用リップ、口紅、グロスと言うのが私の化粧の仕方です。 化粧の仕方には色々ありますが、ご参考までに。

Copyright © 2007 メイクの仕方